上書きしないでください!

こんにちは。ラジオで春の歌をよく耳にするようになりました♪

私は「スピッツ」の曲で春を感じます。みなさんの春の曲はなんでしょうか?

select-5★★★★★(セレクトファイブ)デザイナーのmomiです。

 

 

select-5★★★★★では「お客様ブランドつくります」をキーワードに、いろいろな販促物のご依頼を承っています。

今回は、お客様のご依頼を「より魅力的に魅せるため」の

「画像・写真」について

 

どんな印刷物のご依頼でもまず提出していただくのがお客様のデータである「原稿」です。

「原稿内容」についてはまた少しづつ記事にしていきますね。

 

「写真」や「ロゴ」「画像」を用意していただく際の注意していただきたいこと

 

よく言われるのが「ホームページのロゴと写真使って。そこからとっちゃってください」

これは印刷屋泣かせです。使用する大きさにもよりますが、まずきれいな印刷物はつくれません。

WEBと印刷の大きな違いは「画像の扱い」です。

 

WEBは画像解像度が「72dpi」、印刷物は「300〜350dpi」が最適といわれています。

といってもピンとこないと思いますが、WEB用にリサイズされた画像は、

モニター画面ではきれいに見えていても、印刷用にするとかなり画像が荒くなります。

画面ではきれいに見えていても実際の画像のサイズはとても小さいです。

 

印刷では、元のサイズ以上の大きさで画像を使う場合は、かなり画質が落ちるので使うことはオススメしません.

入稿データに適した画像サイズを計算しますという「印刷屋さんドットコム」に便利なサイトがありました。

リンクの許可ありがとうございます。参考にどうぞ。

 

またスマホや携帯で撮影した画像も「保存」される時や「メール」で送る場合に

画像が小さくリサイズされる場合があるから要注意です。

(その場合、設定を確認してください)

 

「お客様ブランド」をより輝かせるため、よりステキな印刷物を作成するために、

画像はなるべく大きいサイズで撮影をお願いします

撮影した画像を使用する場合は

必ず「別名保存」してサイズ調整した画像は上書きしないようにご注意ください

 

印刷物のご依頼の際にはできるだけ元のサイズの画像の提出をお願いします。

(すべてがあてはまるわけではないのでご依頼先にご確認ください)

 

ロゴ制作を依頼した時も、ホームページ用のデータだけではなく名刺等に使用するのであれば

印刷用のデータも納品してもらうことをオススメします。

 

きれいな画像は「お客様ブランド」を引き立てるために欠かせません。

よい材料がなくては、おいしいお料理が作れないように

よりよい印刷物を作るため「画像・写真」はとても重要です。

 

撮影した写真は必ず加工前の元画像は取っておく。

「上書き保存はしない」

 

よい「画像」は「伝える」ための第一歩です。

 

select-5★★★★★では、こんな雰囲気の写真を入れたい、

こんな写真が欲しい、といったご相談も承っています。

お気軽にご相談くださいね〜!

 

 

ランキングに参加してみました。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村